· 

一長一短

緊急事態宣言も徐々に緩和されてきましたね。

コロナウイルスのことで、外出が制限されたり、いろんなことが保留になったりお休みになったり、お仕事や学校に影響があったり、

本当に数ヶ月前には想像もできない日々が今起こっていますね。

 

初めは、ほんとにどうしよう?と思ったし、混乱もしたし、心配や不安もでたり。

けれど、少しずつ落ち着きを取り戻し今思うのは、

なんでも裏表、一長一短あるように今回のコロナに関しても、そうだなぁと、日々つくづく感じています。

 

コロナで困ったこと、中断したこと、止まったこと、大変なことはたくさんありましたが、

それと同様に、逆に助かったこと、コロナがなければ気づかなかったこと、コロナのおかげで見直したことなどなど、たくさんあります。

 

不便な自粛生活も悪いことばかりではなく、私はこのことについては、よかったなぁ。ってことがやはりいくつかあります。

すべてはやはり裏表があり、悪いことだけのことなんかなくて、ちゃんといいこと、いい面もあるんですよね。

 

二度とやることはないだろう、と思っていたことにまたチャレンジしてみたり、(手芸や裁縫、ガーデニングもそのひとつ)

未就園児の時以来、こんなに子どもたちとずーっと一緒に家にいて、ゆったり過ごしたり話したり散歩したりなかったし。

子どもが小さい時は毎日必死にバタバタしてたから、のんびりゆっくり過ごすことはなかったですもんね。

 

お料理やお菓子も新しいメニューを考えたり、作ったり。

コロナウイルスがなかったら気づかなかったこと、できなかったこと、チャレンジしなかったこと、があります。

 

仕事の面でも4月は毎年本当にバタバタと何がなんだかわからない状態ですぎるのですが、

今年はゆっくりと進められたし、わたし自身も時間帯が変わって朝が早く慣れないところを子どもたちに家事の協力してもらいゆっくり時間に慣れることができたのが本当にありがたかったです。

 

こうして、立ち止まる時間があったからこそできたこと、気づいたこと、そして新たなチャレンジ、復活させたこと、それぞれに色々あると思います。

失ったもの、ボツになったこと、できなくなったもの、それもありますが、

 

新しく始めたことや知ったことなどにも、光を当てて行きたいですね✨✨